化学産業

セクションへ移動する

タタールスタン共和国は化学製品生産とプラスチック加工の最大能力の中心地である。その地域に100以上のポリマー生産加工中大企業がある。2018年間、タタールスタン共和国では化学と石油化学産業の出荷製品高は441blnルーブルとなった.

15.7 %

タタールスタン共和国工業生産で

12 %

ロシア化学製品の

441 億ルーブル

2018年間出荷高

2018年間生産高

134.1

千 トン
工業の炭素

725,3

千 トン
合成ゴム

1 668,4

千 トン
プラスチック

930,2

千 トン
ポリエチレン

215,6

千 トン
ポリプロピレン

457,6

千 トン
(100%栄養素換算)
肥料

ベースポリマー加工

463,5

千 トン

ニジネカムスクネフテヒム (NIZHNEKAMSKNEFTEKHIM)

PJSC"Nizhnekamskneftekhim"はヨロッパノ最大規模の石油化学企業の一つで、ロシア連邦においてと合成ゴムとプラスチック、エチレン生産でリーダの地位を持つ。企業グループ「TAIF」に含まれています。 同社は1967年に設立され、主な生産拠点はタタールスタン共和国のニジネカムスク市にあります.

> 120

生産する品目は:ポリスチレン、ポリプロピレン、線形ポリエチレン、酸化エチレン、α-オレフィンを含むポリエチレン、表面活性剤などがある.

> 50 カ国

株式会社の製品は、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアの50か国以上に輸出されています。 総生産量に占める輸出の割合は約50%です.

> 3.4 百万. トン

2018年間、生産製品高は.

当社は世界合成ゴム生産社トップ10に入る
当社は2018年度、ロシアトップ-100最大株市価のリストにある
2017年には、IM PJSC«Nizhnekamskneftekhim» 工場で年間10万トンの能力を持つ高濃度ホルムアルデヒドの生産が開始されました。これは、イソプレンゴムSKI-3の生産を年間33万トンに増やすプログラムの一環として実施されている3つのプロジェクトのうちの最初のものです.
2018年、年間16万トンの生産能力を持つ新しいイソブチレンの生産が開始されました。これは、イソプレンモノマープラントの3つの投資プロジェクトの2番目です.
合成ゴムは伝統的に当社の主要製品セグメントであり、2017年には製品売上の44%を占めていました。 2017年の当社の売上高の3分の1がプラスチックの分でした- 33%。追加の23%は他の種類の製品およびサービスの販売によって提供された。ロシアおよび輸出地域での当社の売上高は、ほぼ同等です.

品目の主なポジションは

  • 般と特別目的の合成ゴム

  • プラスチック:ポリスチレン、ポリプロピレン、ポリエチレン、ABSプラスチック

  • ゴムやプラスチックの原料となるモノマー

  • その他の石油化学製品(酸化エチレン、プロピレン酸化物、α-オレフィン、表面活性剤など)である

カザンオルグシンテズ (KAZANORGSINTEZ)

PJSC"Kazanorgsintez"はロシアでエチレンのポリマーとインターポリマー、ポリカーボネート、ポリエチレンパイプ、ビスフェノール、フェノール、アセトン、エチレングリコール、エタノルアミンなどの有機合成製品の最大のメーカーである。生産する品目は170以上である.

当社は2018年度、ロシアトップ-100最大株市価のリストにある

現在当社は

170

種類
ポリマーの

1,7

百万 トン
生産品高

27

%
輸出割り
次のセクション
航空